インフォメーション
4/25 「スティック春菊」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/23 「中葉しゅんぎく」栽培(第3期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
4/22 「中葉しゅんぎく」栽培(第1、第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[葉菜類]に反映!!
7/25 中断している「採種イチゴ」栽培のお話はどうしようかな?
7/24 特別な一週間の始まり
7/23 期日前投票から帰ってきたら…。
7/22 '熱中症'になって…。
7/21 尽きない悩み
7/20 夏のお花が咲いたぜよ!!
07月
20

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

一昨日、ゲリラ的な大雨が降る前にエダマメの種を蒔いたのですが、

この種蒔き作業を行っている最中にペットボトル菜園でひっそりと

育てていた'ヒマワリ'がカワイらしく咲いているのに気付きました。

 

'ヒマワリ'が咲くと気持ち的に夏が来たという感じがするのですが、

我が横浜は昨日梅雨が明け、さらに本格的な夏を後押しされたように感じました。

 

今年育てている品種はミニ品種の小振りな'ヒマワリ'なのですが、

どう育て方を誤ったのか、それとも'ヒマワリ'がグレてしまったのかは

分かりませんけど、株が想像したよりも大きくヒョロッとしていて

頼りなさそうな姿に育ってしまいました。

ひまわりの様子2017_01

 

しかも、葉っぱが虫に喰われて痛々しさが残るため写真に納めるのに

苦労しましたが、なんとか、それらしく撮ってみました()

ひまわりの様子2017_02

 

本当は一株に2、3輪の花を咲かせた'ヒマワリ'を撮りたかったのですが、

それはまた次の機会にとっておきたいと思います。

 

今日も暑い一日になりそうですのでくれぐれも無理な行動は控え、

適度な水分&塩分を摂るようにして下さいね。

それでは、バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
19

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

昨日は朝から雨が降るとの情報があったことから、オレ様にしては珍しく

朝早くに起きて'あの野菜'の種を蒔きました。

エダマメ栽培の秘策01

 

'あの野菜'とは言うまでもなくビールのおつまみに相応しい「エダマメ」のことですが、

先日のブログ記事でもお伝えしたようにペットボトル菜園には新たに栽培できる

スペースは全くないため、種を蒔いたところで鉢を置くことができないのです。

 

物理的に育てることは困難であるにも関わらず、美味しくビールを飲むために

「エダマメ」栽培を強行することには殆どの方が理解できないと思います。

 

しかし、オレ様はその不可能を可能にすることができるからこそ

種蒔き作業を強行したのです。

 

さて、オレ様がどのようなマジックを使って「エダマメ」を育てようとしているのか?

 

それはオレ様のペットボトル栽培をよくご存じの方がいらしたら

分かるカラクリなのですが、ヒントはこちら。

エダマメ栽培の秘策02

 

'トウモロコシ'の何処にヒントが隠されているの?と思われた方は

この写真撮影をよくご覧になって下さい。何かありませんか?

 

そう、オレ様のペットボトル栽培では種を蒔いたペットボトル鉢をトレイに入れて

育てているのですが、このトレイには2Lサイズのペットボトルを最大6本まで

入れることができ、作物の生育状況に応じて鉢の本数を減らして

株間を開けるように調整しています。

 

つまり、この'トウモロコシ'の場合は株が大きくなっているため、

鉢の本数を2本減らして株間を開けて風通しを良くしているのです。

エダマメ栽培の秘策03

 

何となく、お気付きになられたかもしれませんが、

今回の「エダマメ」の種を蒔いたペットボトル鉢は先ほどの写真に示すような

鉢と鉢の隙間に入れて育てることにしたのです。

 

こうすれば、苦肉の策ではあるのですが、「エダマメ」を育てることができるのです。

 

但し、「エダマメ」が大きく生長した時に株間が塞がってしまい、

風通しが悪くなる恐れが心配されますが、ご安心下さい。

 

今回の「エダマメ」栽培においてはこれよりも大きく生長する'トウモロコシ'の鉢を

入れているトレイにしか入れません。

 

というのも、'トウモロコシ'は天敵であるアワノメイガによる被害を受けやすいため

その対策を施す必要があり、これを解決する唯一の方法はコンパニオンプランツである

「エダマメ」を'トウモロコシ'の側で育てることにあるからでした。

 

よって、'トウモロコシ'の鉢と鉢の間に「エダマメ」の鉢を入れることにより

アワノメイガによる被害を受けにくくすることができるわけです。

エダマメ栽培の秘策04

 

また、「エダマメ」も'トウモロコシ'の側で育てることにより生育が促され、

立派な株に育てることができるようになるのです。

 

本来は同じ土の中で育てたほうが大きな効果を期待できるのですが、

違う鉢どうしでも多少の効果は得られますのでこれに期待して育てることにしました。

 

こうして、物理的に困難とされた「エダマメ」栽培は

なんとかできるようになりました。

 

ひとまず、昨日の朝のうちに種を蒔き終えたのですが、

夕方から突然のゲリラ豪雨に見舞われ、種を蒔いた「エダマメ」の鉢は水浸しになり、

蒔いた種が腐らないか物凄く心配で無事に発芽するまでの間は

気を許すことができないようです。

 

それでは、バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
17

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

オレ様ともあろう者が柄にもないことを言うようで恐縮しますが、

オレ様はここ数週間、'あること'で悩んでいます。

 

けして、お金がなくて困っているとか、彼女がいなくて寂しいとかいう

オレ様の身の回りにあるようなことで悩んでいる訳ではなく、

ペットボトル菜園で育てている熊本伝統野菜の「カリフラワー」のことです。

 

彼女がいなくて寂しいのは確かですが、今月末に妻の命日を迎えるので

そのようなことで悩むことはあり得ないだろうに()

 

で、その「カリフラワー」なんですが、ここのところ生長の変化が見られず、

2週間前に追肥を行っているにも関わらず葉色が良くなるどころか

黄色くなっていく一方で、この先どのように育てていくかで悩んでいました。

カリフラワーの現在の様子01

 

現在の「カリフラワー」は草丈が5(cm)程度あり葉数も5枚あるため、

株としてはやや小さいながらも大きめの鉢に植え付けることはできそうです。

 

このため、一か八かの賭けで育苗した「カリフラワー」の苗を植え付けるべきかで

悩んでいるわけですが、万一に植え付けても「カリフラワー」の状態が

変わらない場合は植え付けに使う培養土が無駄になってしまうため、

今日の写真撮影時の様子を観て判断することに決めました。

 

そして、写真撮影当日を迎えて「カリフラワー」の様子を観てみたところ

変わった様子は何一つなく、ちゃんと植え付けできるのかを確認するために

その株を軽く上に引っ張ってみたのですが、そこで驚愕の事実が発覚しました。

 

実は、「カリフラワー」の苗は根腐れを起こしていたみたいで

株を軽く引っ張ったときに株ごとスポッと抜けてしまったのでした。

カリフラワーの現在の様子02

 

つまり、「カリフラワー」の葉色が悪かったのは根腐れが原因によるもので、

根腐れは数週間前には起きていたようなのです。

 

従って、春先から育苗していた努力が無駄になってしまったわけであり、

物凄く悔しくて、頭の中が真っ白でしばらくの間何も考えることができませんでした。

 

我に返り、何のために「カリフラワー」を育てているのかを思い出したとき、

ここで立ち止まるわけにはいかないと思い、早期に種を蒔き直すことにしました。

 

今日のところはこのあたりで失礼しました。

また明日もヨロシクお願いします。それでは、バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
16

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

オレ様が先週末に本ブログで呟きましたが、

ブログ記事をご覧になり[拍手]ボタンを押して下さりありがとうございました。

 

あれからさらに'あの野菜'を育てたい気持ちが強くなりまして

抑える気持ちが強ければ強いほど育てたい気持ちが増幅されてしまいました。

 

もう完全に、オレ様の気持ちは'あの野菜'を育てる方向に振り切れており、

もはや、育てないように気持ちを抑えることは出来なくなりました。

 

栽培スペースを確保することが困難な状況下で育てることを決めたに等しいこの状況は

リスキーであり、仮に育てたとしてもあまりよい結果は得られないと思います。

 

だったら、育てるのを止めればいい話なのですが、

理屈ではどうすることもできない状況ですので仕方がありません。

 

よって、'あの野菜'を育てないと気が済まないので、

オレ様のお庭(ホームセンター)に行って種を買ってきました。

 

'エダマメ'の種をなぁ(どや顔)

枝豆の種2017

 

いつもと違う種を買って違和感を持った方もいるかもしれませんが、

これまでは毎年「ビアフレンド」と呼ばれる品種を育てていたのですけど、

毎年同じ品種を育てていたため飽きてしまったのと、今年は栽培スペースが狭く

栽培条件が良くないことからシンプルに育てることにしたため安価の種にしました。

 

本当は100円ショップの種でも良かったのですが、

栽培した結果のことを考えたときに栽培レシピに載せることもあり得るので

キチンとしたメーカーの種を買いました。

 

'エダマメ'の種は買いましたが、この栽培に必要な培養土がないため、

明日はペトさいの写真撮影を行った後にこの培養土を買いに行って来ます。

 

それでは、眠くなりましたのでおやすみなさい。バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

07月
14

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

オレ様の心はか弱いので、日が変わるごとに気持ちが変わります。

 

暗黒面に堕ちた者が言う台詞ではないのですが(苦笑)

特に今は'ある野菜'を育てたくて、その衝動を抑えるのに苦労しているのです。

 

だけど、ここのところ雨が降ることはなく毎日厳しい暑さの中で生活をしていますと、

どうしても喉が乾いて生ビールや酎ハイに手が伸びてしまい、

おつまみが欲しくなってしまうのです。

 

そのとても恋しいおつまみこそ、今めちゃくちゃ育てたい'エダマメ'なのです。

 

今年は狭い栽培スペースの中で工夫しながら様々な野菜やお花を育てていて、

さすがに、つい先日植え付け作業を終えたミニかぼちゃやキュウリをおいてしまったら

物理的に新たに育てることはできません。

 

にも関わらず、'エダマメ'を育てたくてウズウズしてしまうのはなぜなのでしょう()

 

'エダマメ'は他の野菜に比べて栽培管理がしやすいため、

栽培できる場所を確保できれば用意に育てることができます。

 

実際、昨年も今の自宅に引っ越すことが決まっていたにも関わらず、

'エダマメ'だけはしっかりと育てていて、生ビールのおつまみに頂きました。

昨年の枝豆栽培01

昨年の枝豆栽培02

 

ですので、オレ様の頭の中にある超高性能で処理能力の早いクアッドコアがあれば

もっと工夫して'エダマメ'を育てることができるのではないかと模索しています。

 

無駄な努力と思われた方もいるかもしれませんが、

皆さんも'エダマメ'は好きですよね?

 

もし、'エダマメ'がお好きな方で現状として育てることが極めて難しい

'エダマメ'栽培をご覧になりたい方がいらしたら[拍手]ボタンを押して下さいね。

 

さてと、今日も出張先でのお仕事ですので、ペットボトル栽培関連の作業はできませんが、

'エダマメ'栽培をいかにしてやるかを考えたいと思います。

 

それでは、今日も暑くなりそうですので熱中症対策をしてお過ごし下さい。バイピーィ。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる