インフォメーション
3/19 「第1回野菜投票2017」の投票結果が発表されました!!
3/18 「トウモロコシ」栽培関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/17 「オクラ・ピークファイブ」栽培(第2期)関連記事を移行し、カテゴリーメニュー[果菜類]に反映!!
3/25 「とうがらし」栽培を始めるとしますか?
3/25 今日のバァーガー(14)
3/24 「キュウリ」栽培について
3/23 「とうがらし」栽培関連記事の連載を開始したいと思います!!
3/23 「トウモロコシ」は収穫することが出来たのか?それとも・・・。
3/22 「トウモロコシ」に新たな雌穂を着けるものの、不安なことが・・・。
03月
22

[トウモロコシ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、果菜類

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

かなり久しぶりの「トウモロコシ」栽培の記事となりますが、

前回のお話から実に1年6ヵ月が経過しているということで

実際には栽培を終えてしまっているのですけど、この栽培のお話としては

まだ完結しておりませんので少しだけその続きを書かせて頂きたいと思います。

 

前回までのおさらいをしますと、「トウモロコシ」に新たな雌穂を着け

大きくなりひげ付けていたことから株の負担を抑えるために摘果を行った結果、

摘果した箇所から新たな雌穂が出てきて、元からあるもう一つの雌穂は

さらに大きくなり、その周辺には小さな2つの雌穂を着けていました。

 

このことから新たに出てきた雌穂を摘果し、元からある雌穂の様子を

見ることにしたところまでお伝えしました。

 

元からある雌穂には茶色くなったひげが確認されているものの、大きさ的には

収穫できる状態ではないため気になるところです。

 

あれから一週間が経過して栽培開始から113日目を迎えた「トウモロコシ」

完全に草丈の伸びは止まり、雌穂の周辺の生長が顕著になってきました。

ペトさい(トウモロコシ)76

 

近くに寄って見てみますと、茶色いひげを確認した雌穂は少し大きくなり、

雌穂を包んでいる葉が少し黄色くなっていました。

ペトさい(トウモロコシ)77

 

その真横には新たに2つ着けた雌穂がひげを出し、大きく生長していました。

 

後から出てくる雌穂も大きく育ってくれていることは喜ばしいことですが、

しかし、今回の栽培では一株に1つの雌穂を残して大きく育てているため、

後から出た雌穂は大きくならないうちに摘花しなくてはなりません。

 

一般の露地栽培であればそのまま残して育てることはできますが、

折角出てきた雌穂を摘果し1つの雌穂を大きく生長させないといけないのは

ペットボトル栽培の欠点であり、宿命かもしれません。

 

従って、今回も新たに出てきた雌穂を摘果することにしました。

 

★摘果のポイント★

・後から着けた雌穂が大きくならないうちに摘み取ること。

・摘果する際は雌穂をやさしく摘み取ること。

ペトさい(トウモロコシ)78

 

今回摘果した「トウモロコシ」の雌穂はヤングコーンとして利用できるため、

ちょっとした料理に使うことにしました。

 

摘果を終えた「トウモロコシ」ですが、雌穂を包んでいる葉色が黄色くなっていて

今後の生長が心配になりましたので、実着きを良くする'リン酸系肥料'

葉の生長を促す'発酵油かす'を一摘みずつ与えておきました。

ペトさい(トウモロコシ)79

 

摘果と追肥を終えた「トウモロコシ」はどこか寂しく見えたのですが、

大きな雌穂には少し茶色くなったひげを着け大きく育っています。

ペトさい(トウモロコシ)80

 

ただ追肥をしたいとはいえ、雌穂を包んでいる葉色の状態を見ますと、

本当に立派な「トウモロコシ」に生長し、収穫できるのかが心配になります。

ペトさい(トウモロコシ)81

 

最後に、「トウモロコシ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「トウモロコシ」を種から育てたいと思う方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・葉の色が悪くなってきたら、発酵油かすを一摘み与えること。

・土面が乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは、引き続いてジョウロで行うようにしましょう。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(トウモロコシ)82

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★トウモロコシの栽培データ★

ペトさい(トウモロコシ)14

次回のお話に続く

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
21

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

先ほど、現在のペットボトル菜園における状況を変えるべく、

今週から続々と種蒔き作業や植え付け作業を始めることにより

新たな栽培が始まります。

 

これを受けて、オレ様はあの手この手を使って種を入手したり、

栽培に使う培養土や栽培用炭酸水に使う材料などの買い出しを始めています。

 

そんな中、先日オレ様のお庭(ホームセンター)に行って、

野菜の種を買いに行きました。

 

ザッと見たところでは「鉢植え専用トマト」の種が安価で売っていたため、

この種を買うことにしました。

春夏向け野菜の種2017_01

 

このトマトは我がペットボトル栽培では欠かすことの出来ない品種ですので

ほぼ毎年育てているのですが、今年は新たな菜園に移ってから初めての

栽培となるため上手く育ってくれるかが鍵になります。

 

まぁ、「鉢植え専用トマト」は我がペットボトル栽培の代名詞的な存在なので、

たとえ育てることが難しくても外すことは出来ません。

 

ひとまず、「鉢植え専用トマト」の種を買ったオレ様ですが、

ここでオレ様のお庭を後にすればいいものを後にせずに、買いもしないのに

野菜やお花の種を物色してしまいました。

 

なんだか妖しい雰囲気が・・・()

 

野菜やお花の種を物色しているうちに、栽培計画表には明記されていない

植物を育てたい気持ちが衝動に駆られ、結果的にはいつものパターンに・・・。

 

情けない。非常にオレ様が情けない(苦笑)

 

栽培スペースが限られ、栽培に必要な培養土にも限りがあるにも関わらず、

このような種を買ってしまうと何なんでしょう?

春夏向け野菜の種2017_02

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ()

 

しかも、勝ってしまった種は野菜ではなく、お花ですよ。オ・ハ・ナ。

 

オレ様的には、育てる予定には入れていませんが、お花を育てるのであれば

神秘的な色の花を咲かせる「ボリジ」を育てたかったのに、よりによって

真夏の定番のお花である「ひまわり」を選んでしまうとは。トホホ。

 

まあ、種を買ってしまったのは仕方のないことですが、

栽培計画に入れなければいい話ですので今日の行動は目を瞑ります。

 

本当に、目を瞑ることなんてできるのやら・・・()

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
21

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

三連休も終わり今日から仕事をされている方が多いかと思いますが、

我がペトさいの作業はほぼ年中無休ですので連休とは無縁であり、

昨日もペットボトル菜園に行って色々なことをやって来ました。

 

昨日は月曜日ですので定例のペトさいの写真撮影を行ったのですが、

かなり久しくポカポカ陽気で作業が捗ったのですけど

花粉が鬼のように飛んでいて辛かったです(涙目)

 

暖かかったのでどのくらいペットボトル鉢内の地温が上がっているのか

温度計を使って測ってみたところ14℃ありましたので先週測った時よりも

5℃上がっていたため、このくらいの地温があれば大抵の野菜は生長しやすく

なりそうな感じがしました。

ペットボトル菜園の様子20170320-01

 

そんな中、ペットボトル菜園で栽培している野菜の撮影を行ったのですが、

先週の撮影時に栽培の有無の判断を保留していた「スナップえんどう」の様子を

見てみたところ、草丈が数(cm )伸びていて横に倒れかかる状態になっていて、

元気に育っているように見えました。

 

ところが、近くに寄って見てみますと先週よりもさらに葉枯れが拡大しており、

このペースで行くと葉枯れがさらに進む恐れが高いため、

衰えるのは時間の問題だと感じたことから「スナップえんどう」栽培は

この日限りで終わりとして撤収することに決めました。

ペットボトル菜園の様子20170320-02

 

2週間前までは順調に育っていた「スナップえんどう」でしたが、

先週から暖かくなってきたので簡易温室から出して育てるようにしたことが

結果的に葉枯れの原因を作ってしまったようで、「スナップえんどう」が

いかにデリケートな野菜なのかを痛感させられました。

 

というわけで、ペットボトル菜園で栽培する野菜はとうとう「採種いちご」を

残すのみとなってしまい、菜園とは言い難い寂しい状態になりましたが、

皆さんはよくこの作業計画表をご覧になって下さい。

Petsai_Plan201703_2.png

[画像クリックで拡大します]

 

そう、[グループA]は今のところ「採種いちご」のみとなっていますが、

[グループB]を見てみますと今週から来週にかけて種蒔きやら植付けが

予定されており、ペットボトル菜園の静けさは一時であることが分かります。

 

よって、これに先駆けて昨日は鳥取伝統野菜の「長ネギ」と熊本伝統野菜の

「カリフラワー」の種を蒔きました。

ペットボトル菜園の様子20170320-03

 

種を蒔いただけですので、今のところは寂しい状態に変わりがありませんが、

これから「ジャガイモ」の植付けや昨日品種を決めた「ピーマン」の種蒔きなど

続々と新しい栽培を始めることになりますので、作業的には忙しくなる分、

ペットボトル菜園のほうは次第に賑やかさを取り戻していくと思います。

 

来週になりますと、[グループA]には「キュウリ」や「小ナス」の種蒔きを

行うことになっているため、既に「小ナス」の種は用意できていますので、

あとはペットボトル鉢の制作と栽培に使う培養土を調達するのを待つだけです。

ペットボトル菜園の様子20170320-04

 

昨日で学校を卒業された学生も多かったと思うのですが、それと同じように、

我がペットボトル栽培も今までの悪い流れを断ち切り、新たな栽培を

始めることで良い流れを作って立て直す絶好の機会ですので、歯を食い縛って

取り組みたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
20

[ブログ記事] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培に関するお話にお付き合い下さい。

 

昨日、第1回野菜投票2017において劇的な逆転勝利を収めた「ピーマン」が

[グループB]の「??????」枠に決まったことをお伝えしましたが、

その後、今回の栽培で育てるピーマンの品種を色々考えました。

 

ところが、育てたい品種があれやこれやと出てきてしまい、

なかなか決めることが出来なかったことからツイッターのアンケートにて

ピーマン栽培のどの品種に興味があるかを半日ほど掛けて行いました。

 

その結果、下図に示すとおり半数以上の方が「デカチャンプ」という

パプリカのような大きさと肉厚のピーマンに興味を示していることが分かり、

この品種を育てることに決めました。

ピーマン栽培01

 

「デカチャンプ」は本ブログ上では栽培記事を公開しておりませんが、

実のところ過去に密かに育てていたことがあるのですけど、

栽培開始時期が遅かったことから実を着ける前に撤収してしまったため

その記録はお蔵入りになっていました。

 

そもそも、「デカチャンプ」とはその名の通り、ソフトボール大にもなる

ビッグサイズのピーマンでして、苦味が少なく、肉厚で甘みがあり、

ピーマンが苦手な方にもおすすめの品種であり、完熟させて赤くなると、

甘みが一層強くなり、サラダにもおすすめのピーマンなのです。

ピーマン栽培02

 

ツイッターのアンケートにお答え頂いたフォロワーさんの中には

肉厚で大きなピーマンが好きという方や表面がツヤツヤしていて

デカいのが好きという方がいらしたので、そのような方々のご意見は

大切にしたいと思い、今回は丁寧に育てたいと思っています。

 

早速、「デカチャンプ」の種を手配すべく、販売元であるサカタのタネ社の

サイトで確認してみたところ、この品種の苗は販売しているものの

種は販売中止となってしまったらしく入手することが出来なくなりました。

 

しか~し、そこで諦めるようなオレ様ではありません!!

 

オレ様は使用済みの種は風通しのよい暗所に保管していまして、

その保管庫に以前育てたときの「デカチャンプの種」がないか確かめました。

 

すると、少量ではあるものの「デカチャンプの種」がありましたので、

多少の発芽に日数はかかってしまうものの育てることはできそうです。

ピーマン栽培03

 

今回のピーマン栽培では、小型ペットボトル鉢に種を蒔いて育苗し、

立派な苗に育つタイミングで大型ペットボトル鉢に植え替えて育てますので、

「デカチャンプの種」が最低3粒ほどあれば問題なく育てられます。

 

あとは「デカチャンプ」を育てるためのペットボトル鉢と粒状培養土を

用意するだけですので、出来るだけ早く準備を済ませて播種したいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

03月
20

[ブログ記事] ブログ村キーワード:20年、卒業、サリン事件

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培以外のお話にお付き合い下さい。

 

オレ様にとって、今日は特別な日なのです。

 

たいしたことではないのですが、オレ様が我が母校である大学の

修士課程を修了してからちょうど20年になるのです。

 

20年前のオレ様は大学院を卒業して社会人として生きていくことに

もの凄く不安になっていて、しばらくの間は精神的に不安定な状態が続いて

まともに電車に乗って通勤することはおろか、食事を摂ることも出来ず、

お先真っ暗な状態で社会人として生きていくことに自信が持てずにいました。

 

このため、今では考えられないほど引きこもりは酷くて、両親には色々と

心配を掛けまくってしまい、挙げ句の果てには自殺を考えるようにまで

なってしまいました。

 

このような精神的に病んでいたオレ様が立ち直るまでには数ヶ月掛かって

しまったのですが、結局のところ、オレ様以外の人間は誰も助けてはくれず、

オレ様自身の気持ちを強く持ち続けることと無心になることだけを考えて

行動するようになったら、今までの苦痛がウソのように消え失せてしまい、

人並みの生活を送れるようになりました。

 

なので、毎年3月20日になるとこのことを思い出すのと同時に、

皆さんもご存じの地下鉄サリン事件のことは忘れることは出来ないのです。

 

地下鉄サリン事件のことに関していうならば、この事件が発生した当日は

オレ様が大学の卒業式の日で、オレ様が家を出た30分くらい後に両親も

大学に来たのですが、その当時はまだオレ様のお気に入りである東京メトロ

半蔵門線が押上まで開通していなかったため大手町から千代田線に乗り換えて

北千住に向かい、北千住から東武伊勢崎線に乗り換えていかなければ

大学の最寄り駅に行けなかったのですけど、両親が大手町から乗り合わせた

千代田線の電車がサリン事件の現場となる電車の一つ前の電車だったことが

後から分かり、一歩遅れて乗っていたら命を落としていたかもしれないと

思うとゾッとしたことと同時に、オレ様が帰りに乗った千代田線の電車が

貸し切り電車のように乗客がほぼいない状態であのときの不気味さを忘れられず、

今でも3月20日になると鮮明に思い出してしまいます。

 

如何せん、地下鉄サリン事件が発生したせいで、卒業式の開始時刻が

1時間ほど遅れましたからね。

 

従って、オレ様にとって3月20日は特別な日であり、

様々なことが起きたことを思い出したくない日でもあるのです。

 

ですが、オレ様は紆余曲折を経てフリーランスとして仕事をするようになり、

人並みに生活を送れるようになったのでいいのかなと思うようにしています。

 

先日、我が恩師の退職祝い会に出席した際に、恩師である教授と短い時間

お話しさせて頂いたのですが、オレ様的にはフリーランスになったことは

それほど凄いこととは感じていないのですけど、教授はオレ様が独立して

仕事をしていることに感心しているご様子で、逆にオレ様を気遣って下さり、

顔には出さなかったものの涙が出そうになりました。嬉しかったです。

 

オレ様がフリーランスになったのは誰かを見返すためになったわけではなく、

オレ様自身色々なところにこだわりがあるので納得のいく仕事をやりたいと

思ったからなったので、正直なところあまり金銭的なことには関心がなく、

気持ち的にボランティア精神を持って取り組んでいるのでたいしたことは

していないと思っているのです。

 

オレ様は自覚がないのですが、客観的に見たら凄いことをやっているように

見えるのかもしれないけど、人様に褒められるようなことは何一つやって

いないと思っているので・・・(苦笑)

 

フリーランスになってからまだ8年しか経っていませんが、残り12年で

どれだけ成果を上げられるのか分かりませんけど、「この20年よく頑張ったな」と

思えるようにやれるだけのことはやりたいと思います。

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早9年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
最新コメント
M.Ishiiのペトさい参@ツイッター


署名のお願い
PaKoMa (パコマ)

5/20より、PaKoMa(パコマ)の
サポートブログに登録させて頂きました


PaKoMa(パコマ)の詳細は
下記のバナーをクリック!!
パコマへ
「パコマ」はホームセンターと生活者を
結び、モノと暮らしの情報を提供する
楽しいホームセンターマガジンです。

毎月10日発行のフリーマガジン。
お天気情報
100万人のエコピープル
エコピープル
グリムス
月別アーカイブ
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
ブログランキング
下記のバナーにポチッと
クリックして頂けると励みになり、
新しい野菜を育てたくなります(^o^)
にほんブログ村へ
ガーナビ~家庭菜園
みんなの趣味の園芸 公式サイト
「やさいの時間」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「趣味の園芸 やさいの時間1月号」に
掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
趣味の園芸 やさいの時間へ
「週刊SPA!」誌に掲載

本ブログのペットボトル栽培が
「週刊SPA!」誌に掲載されました。


下記の画像をクリックすると、
掲載された記事を一部ご覧になれます
SPA01へ
SPA02へ
お気に入りサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログスカウター

ジオターゲティング
Google Page Rank Checker
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

助成金